スタッフブログBlog

スタッフブログ

2020.06.08

シャッフル飲み会2020 vol.01

コミュニケーションデザイン室
遠藤 涼介

※執筆者が遠藤のため、少し長めのテキストでお送りさせていただきます。

シャッフル飲み会というものがありまして

シーエスレポーターズでは、定期的に社内のスタッフ同士が交友を深めることを目的に、セクション(部署)の壁を取り払い、寂しがりの中山(代表)がホストとなって会の進行をしていく『シャッフル飲み会』という取り組みがあります。

いわゆる『飲みニケーション』である、昭和な組織風土かもしれません。「そんなことをしなければコミュニケーションも図れないのか」と思われる可能性も考えていないわけではありません。

まぁ、仕方ないんですよね。代表の中山をはじめ、スタッフにはまだまだ昭和世代が多いので!

コレを書き始めて気付いたのですが、昭和ってすでに元号としては二世代も前なんですね……。平成という年号で人生の大半を生きてきた身(30代)としては、何だか思うところがあります。余談です。

件の情勢でもありますのでリモートで

今年に入ってから世界的に流行した上に、目一杯の猛威を奮いまくった結果、世界経済に大打撃を与えている、例のウィルスに関する情勢が落ち着いていないのもあり、通常であれば三密を享受するところではありますが、今回はリモート飲み会。

ツールはGoogle meetにて。

そういえば、遠隔でWebミーティングツールを使用して行う飲み会って、リモート飲み会で合ってます?テレ飲み会ではなくて?けど、テレ飲み会だと、なんだか、こう、恥ずかしい感じが出てしま……

そうそう、参加者のみなさんはSnapCameraで好きなエフェクト・背景で参加しており、それはそれは、なんとなくIT系の会社っぽい感じでしたよ。

SnapCamera…
SnapChatのSnap社が2018年に出したWebミーティング用の無料アプリ。
ニュース – Snap Camera登場 – Snap Inc.

ほら、パリピって感じでステキ。うん、ステキステキ。

ちなみに左上で渋い感じのサングラス姿になっているのが代表の中山です。「寂しがり」と呼んでください。

特別給付金、何に使う?

出た話題をいくつかピックアップしていきますが、ホットトピックは政府からの支給が決定し、郵送での申請が始まったばかりの特別給付金の使い道について、でしょうか。

なんででしょうね。お金の話になった途端に、こう、なんていうか、一気に下品な顔になってた様な気が…し…ます!

遠藤はネット申請がどんな具合に進むのかが気になっていたのもあり、とっととネット申請で済ませていたのですが、今回のシャッフルメンバーの中には郵送での申請をするとの意見が多かった(はい、実数は覚えてません。)のはネットの恐さを知り得ているからでしょう……か!

ハンコ、かっこいい

特別給付金を郵送で申請する場合には、ハンコを利用する必要がありますが、そこから派生してカナダ人のKiral(Gugenka®︎ CTO)は、「ハンコ、かっこいい」と述べてまして、その理由を尋ねると「そうやって形作ってきた歴史がいい」のだ、と。

はぁ〜、なるほどね。そんな風に考えてみると、確かにそうかもしれないなぁ、と納得したものですが、次の瞬間には「面倒だけどね。」と一蹴していたので、「あ、やっぱりね。」と。

左上で頭に自作したキラドラゴンが乗っているのがKiral。ちなみに右下に写っているのは2丁目から参戦してくれたママ……ではありません。繰り返します。ママではありません。

やっぱり飲み会はさ……

いや、それ以外にも「ゲームがDLとかできるようになってきたからパケ買いとかしなくなったよね」なんて話をしたり、「ガンダム」とか「バイファム」とかって、とにかく冨野アニメについて語ったりとかしたわけです。

それなりの時間が経過したところで「そろそろ…」となるわけですが、最終的にはリアルで乾杯したいよね!で終わりました。

そう、飲み会がしたい、というよりも、高らかに乾杯したいだけな気がしないでもありませんが、最後に笑顔で終わっているのもあり、楽しかった様子が伝わるのではないでしょうか。

特にぼくの表情がたまりませんね。最高の笑顔です。参加メンバーからも褒めてもらったので間違いありません。最高です。

また、次回も愉快な仲間たちの楽しい会話がレポート形式で上がってくると思われますので、ぜひ、楽しみにしていてください!

現場からは以上です!

コミュニケーションデザイン室
遠藤 涼介