スタッフブログBlog

見習いデザイナー奮闘記

2020.06.24

新入社員が入社早々テレワークになりました。

コミュニケーションデザイン室
古川 みなみ

こんにちは!広報兼見習いデザイナーの古川です。

シースレポーターズでは、新型コロナの影響により3月上旬より全社員テレワーク(推奨)制度を開始しています。

私は4/3に入社し、研修のため約2週間ほどオフィスで勤務しましたが、4/21からテレワークに切り替え、自宅でお仕事をしています。

在宅でよかったこと、困ったことなど、新入社員がテレワークで働いた感想や気付きをまとめてみました!

オフィスはどうなってる?

面接のタイミングでは他県におり、内定をもらうまですべてオンラインで完結していたので気付きませんでしたが、初出社の4月時点で会社にはほとんど人がいませんでした。

最初の研修では、人事、デザイナー、フロントエンドエンジニア、コーダー、また私の所属するコミュニケーションデザイン室のみなさんとお話しする機会はありましたが、ほとんどの方とは顔を合わせることもなくテレワークへ切り替えとなりました。

テレワークでどんな仕事してる?

自宅ではこんなお仕事をしています。

・自社HPのバナーやサムネイル等の制作
・自社HPのブログ作成、コーディング
・クライアントワークのロゴ制作  etc

出社でも在宅でも仕事内容は基本的に同じです。

PC(できればサブディスプレイも)とインターネットさえあればお仕事はできるので、自宅にいるからできないお仕事というのは今のところありません。

テレワークのメリット

生まれて初めてのテレワークでしたが、とにかく快適です。
これから毎日会社に来てくれと言われたら困ってしまうくらい、すっかりテレワークに馴染んでしまいました。

■通勤がない/メイクをしなくていいので時間が節約できる

個人的には、こちらが一番のメリットだと感じています!あまった時間を仕事や育児にあてられるし、体力が温存できるので子供が寝たあとに仕事に必要な勉強をしたりすることもできます。

■人目がないので気が散らず集中できる

どうしても人目や話し声があるとそちらに気がいってしまう性格なため、自宅の方がかなり集中しやすいです。

■コロナの心配が減る

私は車通勤のため、不特定多数と触れ合う機会はなくそこから感染する可能性は低いですが、やはり外に出て人に会うことによるリスクが減ったのは安心でした。

■好きな音楽が聞ける

バナー製作時など、文章を書くとき以外はAppleMusicのサブスクで音楽を聞いています。誰とも話さずこつこつと作業するだけではさみしいので、やる気アップのための起爆剤にしています!

■お昼休みにソファでごろごろできる

会社のデスクで横になることはできませんが、家ではお昼ご飯を食べたらソファでゴロゴロ。午後のお仕事のために体力回復につとめられます。

■お昼にできたてのごはんが食べられる

出社時はコンビニでお弁当を買ったり、自宅でお弁当を作る手間がありましたが、自宅ならお昼にさっと作れておいしい&節約ができてありがたいです。

テレワークのデメリット

テレワークのデメリットももちろんあります。
どちらかといえば、新入社員であるがゆえの困ったところが多い、というのが正直なところです。

■オンとオフの切り替えが難しい

オフィス勤務時は、会社にいる時だけお仕事をしていましたが、テレワーク中は勤務時間外でも少し時間が空くとslackをちょくちょくチェックしたり、やりかけのお仕事の続きをしたりするのでオンとオフの境目があいまいだな、と感じました。
ですが、早く仕事になれるためにはこういうスタイルもいいかなと気持ちの切り替えをすることにしました。

■先輩や上司と気軽にコミュニケーションがとりにくい

私の入社より先に在宅勤務に切り替えた方たちとは、まだ会ったことがありません。お話をしなくても毎日顔を見ているだけでも親近感がわくものですが、そういったコミュニケーションがとれないのが難しいなと感じています。
ですが、弊社ではシャッフル飲み会※というイベントがあるので、こちらでコミュニケーションをとっていければよいなぁ、と思っています。
※シャッフル飲み会…部署間をまたいだ、ランダムにメンバーが選出される飲み会。直近では、オンラインで6月に開催されました。

■不明点を聞くハードルが高い

出社していればさっと聞けることも、オンラインだと「こんなこと聞いていいのかな?」「誰に聞いたらいいのかな?」と、新入社員は迷いがちです。これについては、一定時間自分で調べたら、諦めてどなたかにあたりをつけて聞くことにしています。時間がもったいないので!

■運動不足で体がピンチ

もともと車通勤で体は動かしてはいないのですが、やはり自宅に引きこもっていると運動不足が顕著です。こちらに関してはもう自分の意思で動け!と言うほかないのですが…
外出時にはなるべく階段を使うようにしています。

テレワークの今後について

メリット、デメリットともに個人差が大きく、また出社も在宅勤務も一長一短があるためどちらがいいとは断言できないですが、コロナ収束後は「基本テレワーク+定期的に出社」のように、2つの働き方のいいとこどりな組み合わせが働きやすいのかな、と思いました。

仕事内容にもよりますが、必ずしも毎日会社に行く必要はないのかなと思いますし、ずっと引きこもりっぱなしでは他の方とコミュニケーションが取りにくかったり、気持ちの切り替えがうまくいかないリスクもあると感じます。

今後、どのような働き方になるかは分かりませんが、いずれにしろその時の自分にできることを精一杯やるだけではないでしょうか。

新型コロナによる緊急事態宣言は解除されましたが、引き続き気を引き締めて生活していきたいと思います!

コミュニケーションデザイン室
古川 みなみ