スタッフブログBlog

見習いデザイナー奮闘記

2020.08.19

未経験者におすすめ!Webデザイナーを目指すための8つの資格

こんにちは!見習いデザイナーの古川(@suikasu123)です。

「見習いデザイナー奮闘記」をご覧になっている方の中には、Webデザイナーを目指している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Webデザイナーになるために、資格取得は必須ではありません。

しかしながら、未経験からWebデザイナーを目指す場合には、何かしらの資格をとっておくことをオススメしたいです。

特に、技術や知識をまんべんなく学べるということは重要で、どうしても独学では「自分の学びたいことだけ学びがち」「自分のできる範囲のスキルだけ使いがち」になってしまうことが多いです。(実体験)

また、ソフトを一通り使えるなど、必要最低限のスキルがあることは中途採用で転職の際には必ず求められますし、自分からすすんでスキルアップができるということも、未経験でWebデザイナーを目指す際には求められる資質かと思います。

「独学で頑張ってるけど自信がない」「デザイナーに転職したいけど、履歴書に書ける資格がない」という場合には、ぜひ以下の資格をチェックしてみてください!

※本記事は2020年8月現在の情報です。

ウェブデザイン技能検定(国家資格)

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は、今回ご紹介する資格の中で唯一、厚生労働省が認定する国家資格です。

1〜3級までありますが、すべての級が国家資格となりますので、まずは誰でも受検することができる3級からチャレンジすることをオススメします。
(1級と2級は、実務経験や下位の級に合格するなどの受検条件があります。)

■試験概要:ウェブデザイン技能検定は、国家検定制度である技能検定制度の一つとして、厚生労働省より職業能力開発促進法第47条第1項の規定に基づき指定試験機関の指定を受け、特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会(以下、当協会)が実施するものです。試験は実技および学科試験で実施され、関連国際標準規格等に基づきウェブデザインに関する知識・技能、実務能力等が問われます。(公式サイトより引用)

■主催団体:インターネットスキル認定普及協会

■試験日程:年4回(1級学科/実技は年1回ずつ)

■合格率:3 級 60-70%、2 級 30-40%、1 級 10-20%

■受験料:

1級学科: 7,000円 / 実技: 25,000円 
2級学科: 6,000円 / 実技: 12,500円(35歳以上)または7,000円(35歳未満)
3級学科: 5,000円 / 実技: 5,000円 (35歳以上)または3,000円(35歳未満)

Webデザイナー検定

Webデザイナー検定

コンセプトメイキングから知的財産著作権まで、幅広く実務寄りの知識が学べます。デザインだけではなく、HTML/CSSなどコーディングや解析・運用などの内容も含まれているので、コーダー・プログラマー・ディレクターにもオススメの資格です。

■試験概要:コンセプトメイキングなどの準備段階から、Webページデザインなどの実作業、テストや評価、運用まで、Webデザインに必要な多様な知識を測ります。(公式サイトより引用)

■主催団体:公益財団法人 画像情報教育振興協会

■試験日程:年に2回(7月と11月)

■合格率:ベーシックが64.35%、エキスパートが36.30%(2019年度[後期])

■受験料:ベーシック 5,600円、エキスパート 6,700円

アドビ認定アソシエイト(ACA)

アドビ認定アソシエイト(ACA)

デザインをする上で必要不可欠なアドビの主力製品を使いこなせる、基本的なスキルが身にけられる資格です。アドビのアプリケーションは世界中で使われており、グローバルな資格であることも魅力です。

■試験概要:ACAは、アドビが認定するエントリーレベルの認定資格です。試験科目はアドビのソフトウェア製品ごとに構成されます。出題形式は、選択肢から正しい解答を選ぶ選択式問題とソフトウェアを実際に操作する操作問題があります。(公式サイトより引用)

■主催団体:株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ

■試験日程:試験会場により異なる

■合格率:不明

■受験料:一般価格 10,780円(税込)、学割価格 8,580円(税込)

Photoshop®クリエイター能力試験

Photoshop®クリエイター能力試験

写真の加工からUIデザインまで、PhotoshopはWebデザイナーに欠かすことのできないツールです(弊社でもデザイナーのメインツールはPhotoshopです)。比較的合格率の高い資格なので、Photoshopのチュートリアルが終わったあとに、より理解を深めるためにオススメします。

■試験概要:世界基準のグラフィックツールである「Photoshop®」の活用能力を測定・評価する資格検定試験です。「Photoshop®」を用いた画像ファイルの作成や、問題の指示に従い1つの作品を作り上げる表現力などの、コンテンツ制作に関するスキルを認定します。(公式サイトより引用)

■主催団体:株式会社サーティファイ

■試験日程:試験会場により異なる

■合格率:72.3%(2018年度平均合格率)

■受験料:エキスパート 8,600円、スタンダード 7,600円

Illustrator®クリエイター能力認定試験

Illustrator®クリエイター能力認定試験

ロゴやバナーの作成など、IllustratorもWebデザイナーに欠かすことのできないツールです。こちらの資格もPhotoshopと同様に合格率が70%超と高めなので、チュートリアルが終わったあとに復習しつつ資格をゲットしましょう!

■試験概要:世界基準のグラフィックツールである「Illustrator®」の活用能力を測定・評価する資格検定試験です。「Illustrator®」を用いたDTPファイル及びWebデザインパーツの作成や、問題の指示に従い1つの作品を作り上げる表現力などの、コンテンツ制作に関するスキルを認定します。(公式サイトより引用)

■主催団体:株式会社サーティファイ

■試験日程:試験会場により異なる

■合格率:70.4%(2018年度平均合格率)

■受験料:エキスパート 8,600円、スタンダード 7,600円

色彩検定(文部科学省後援)

色彩検定

こちらの資格はWebデザインの資格ではありませんが、デザインをする上では欠かせない「色」の資格です。文部科学省後援資格で、色彩に関する試験としては最も歴史があります。センスではなく知識に裏付けされたカラーリングをしたい方にオススメです。

■試験概要:色彩検定では色の基礎から、配色技法(色の組み合わせ方)、専門分野における利用などを幅広く学習します。「色彩検定」の学習によって感性や経験によらない、理論の土台を身に付けることができます。また、ご自身の現在の知識や目指すレベルに合わせて1、2、3級、UC級のどの級からでもご受検いただけます。色についての知識が無く基礎からしっかり学びたい方や、現在色を扱った仕事をしているが知識を整理したい方、さらなるスキルアップを目指したい方など、様々な方に受検していただけます。(公式サイトより引用)

■主催団体:公益社団法人 色彩検定協会

■試験日程:1級 冬期のみ1次試験(11月)2次試験(12月)

2級、3級、UC級 夏期(6月)と冬期(11月)

■合格率:1級:44.7% 2級:67.4% 3級:74.4% UC級:88.6%

■受験料:1級:15,000円、2級:10,000円、3級:7,000円、UC級:6,000円

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験

こちらはデザイン関係ではありませんが、HTML5、CSS3の知識をつけることができる資格です。デザイナーがコーディングをすることも多くあるため、プラスアルファでコーディング知識があると転職に有利になると思います。

■試験概要:WWWで利用される技術の世界的な標準化を図るため、国際的な非営利コンソーシアムとしてW3Cが設立されました。Web技術の発展により、多くのソフトウェアメーカーがHTMLを自由に拡張したことで、様々なブラウザで同じWebページが同様に閲覧できない等の弊害が発生してます。 この様な時代背景に際し、W3CはHTML 4.01 StrictやCSS2.1をガイドラインとして発表し、Web標準と言える強固な指針を提示しました。多くの企業では、この指針に基づいたWebサイトを構築する一方で、このガイドラインから外れたWebページを見直す方向に動いています。サーティファイでは、これらのWeb標準に完全準拠したスキルを測定する「Webクリエイター能力認定試験」を、2005年より開始しています。(公式サイトより引用)

■主催団体:株式会社サーティファイ

■試験日程:試験会場により異なる

■合格率:合格率:89.9%(2018年度平均合格率)

■受験料:エキスパート 7,500円(税込)、スタンダード 5,900円(税込)

HTML5プロフェッショナル認定資格

HTML5プロフェッショナル認定資格

コーディングでもHTML5に特化した資格です(CSSとJavaScriptも試験内容に含まれています)。Level2はエンジニア向けとなっているので、デザイナーを目指すのであれば、Level1から受験することをオススメします。

■試験概要:特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)が、HTML5、CSS3、JavaScriptなど最新のマークアップに関する技術力と知識を、公平かつ厳正に、中立的な立場で認定する認定制度です。マルチデバイスに対応したWebコンテンツ制作の基礎の実力を測るLevel.1と、システム間連携や最新のマルチメディア技術に対応したWebアプリケーションや動的Webコンテンツの開発・設計の能力を認定するLevel.2で構成されています。(公式サイトより引用)

■主催団体:特定非営利活動法人エルピーアイジャパン

■試験日程:試験会場により異なる

■合格率:不明

■受験料:¥15,000(税別)(Level.1、Level.2ともに)

最後に

新型コロナウイルスの影響でステイホームが推奨されており、お家にいる時間が長くなっている方も多いのではないでしょうか。

この機会に、ぜひ未経験デザイナーさんも現役デザイナーさんも資格にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

私もスキルアップのためにウェブデザイン技能検定の、まずは3級にチャレンジしようかなと思っています!