プレスリリース

親子で同時プレイ可能なクロマキー対応VRアトラクション『剣撃VR』第一弾がスタート

株式会社シーエスレポーターズは2016年7月23日より開催される、日本テレビの夏の特大イベント『超☆汐留パラダイス!-2016 SUMMER-』にて、VRアトラクションパッケージ、『剣撃VR』第一弾、『剣撃VR!ブラックぱらだいすたぁ~からの挑戦』をスタートいたします。

クロマキー合成で観戦者も楽しめるVR

これまで、VRの外部映像出力はVRゴーグルで見ている視界(一人称)が多く、体験者の状況が観戦者に伝わりづらいものでした。『剣撃VR』では株式会社システム計画研究所の協力のもと、クロマキー合成エンジン『ROBUSKEY』によって、第三者視点での外部映像出力を実現いたしました。

クロマキー合成のイメージ

クロマキー合成された第三者視点の映像

一人称の映像

これまでの一人称の映像

親子で楽しめるVR

12歳未満、または13歳未満のお子様は、双眼のVRゴーグルでの立体視が、視覚に悪影響があると言われています。『剣撃VR』は、大人用に双眼のVRゴーグル、お子様用に単眼の視差効果がないVRゴーグルが用意されています。さらに、両者の映像はネットワークでつながり、違う仕組みのVRゴーグルでありながら、一緒にゲームを協力してプレイすることができます。

大人用のVRゴーグルはHTC Vive、お子様用のVRゴーグルは株式会社サナリス社製のスマートフォン用単眼『VR BOX』を採用している。

VRゴーグル

お子様用のVRゴーグル